mono 

Flutter 1.24.0–6.0以降のバージョンで使えるようになったコマンド

Photo by an_vision on Unsplash

これまでは `flutter build ios`とアーカイブの2つの手順が必要だった

Flutterで、iOS向けのビルドをしてApp Store Connectなどにアップロード可能なipaファイルを得るにはこれまで以下の2つの手順が必要でした。

  1. flutter build ios
  2. Xcodeアプリを使ってArchive実行(コマンドなら、fastlaneの build_app ( gym ) など)

バージョン 1.24.0–6.0 以降では `flutter build ipa` だけで済むようになった

1.24.0-6.0以降のバージョンのFlutterでは flutter build ipaでそれらをまとめて1コマンドで実行できるようになりました 🎉
(2020年12月11日時点では beta以降のchannelで利用可能で、 stableではまだ使えません)

利用手順

https://flutter.dev/docs/deployment/ios#create-a-build-archive にざっくり書いてありますが、簡単です。

flutter build ipa を実行

flutter build ipa --export-options-plist=ExportOptions.plist

--export-options-plist=ExportOptions.plist 部分に何を指定するのか戸惑うかもしれませんが、XcodeでArchiveしてエクスポートして成果物として得られるフォルダに入っているこちらを持ってきて指定すれば良いです。

--

--